大阪国際文化協会

【報告】多文化交流サロンTUDOIBA 絵本で世界旅行 1月11日(木)の様子

2024年1月11(木)10:30~12:30

まちライブラリー(立命館大学茨木キャンパスB棟1階フューチャープラザ)にて

絵本で世界旅行」でした。

今回は中国、タイ、インドネシアの方が参加してくださいました。
IMSの絵本で世界旅行は恒例となり、このイベントを目指して来られる方も多くなりました。

最初は「グーチョキパーで何つくろう?」の手遊びから始まり、
メインの世界旅行では”冬”をテーマに
「やぁゆきだるま」ロイス・エイライト 偕成社 を日本語と英語で、
「ゆきのひ」エズラ・ジャック・キーツ を日本語と中国語で、
「てぶくろ」ウクライナ民話 エウゲーニ・M・ラチョフ福音館書店を日本語とロシア語で
読みました。

その後、絵本を持参してくれた方に本の紹介をして頂き、
個々に交流を楽しんで頂きました。

幼児もとてもよくお話を聞いてくれましたし、大人もたのしめたと好評でした。

意味は分からなくてもそれぞれの国の言語の音やリズムを楽しむ事ができ、
文化も知る事ができますので音楽と同様に絵本でも国境を越えて心を通わす事ができます。

外国語を話せなくても構いません。
今後のIMSの活動にご興味のある方はぜひご参加ください。

Scroll to Top